NURO光

ひかりTV for NUROはどれだけお得なの?

NURO 光を一番オトクに利用するなら、ひかりTV for NUROがおすすめです。

NURO 光では新規申し込みに様々なキャンペーンが用意されていますが、ひかりTV for NUROはキャッシュバックよりもさらにオトクなんです。

NURO 光の高速インターネットでテレビやビデオを思う存分楽しみたい方は、ひかりTV for NUROを検討してみてはいかがでしょうか?

ひかりTV for NUROってオトクなの?

ひかりTV for NUROがどのようなサービスで、どれだけオトクなのかをまずは説明していきましょう。

ひかりTV for NUROとは?

ひかりTV for NUROは、NURO 光とひかりTVがセットになった契約です。

ひかりTV for NUROがどれだけオトクなのかを解説する前に、NURO 光とひかりTVそれぞれのサービスについての概要を簡単に説明しておきましょう。

NURO 光とは

NURO 光は、ソニーネットワークコミュニケーションズが運営する光回線サービスです。

NTT東西のフレッツ光の回線網を利用するのではなく、独自に敷設した光回線でのサービス提供で、通信速度は下り最大でなんと2Gbpsという速さ

しかも月額料金は、キャンペーンを利用しなくても他の光回線サービスより安いという、まさに速くて安い光回線なんです。

NURO 光の基本スペックは以下の通り、通信速度と料金ともに他の光回線よりオトクに利用できることがお分かりいただけるのではないかと思います。

項目 NURO光 G2 V ドコモ光 auひかり ソフトバンク光
プロバイダ So-net タイプA/タイプB 7社7社から選択 Yahoo!BB
通信速度
(下り/上り)
2Gbps/1Gbps※ 1Gbps
月額料金
(戸建て・税込み)
5,217円 5,720円 5,720円 5,720円
セキュリティソフト 永年無料 有料
(1~2年無料)
有料
(初月無料)
有料
(初月無料)
※無線LAN利用時の最大通信速度は下り1.3Gbps、上り1Gbps

ひかりTVとは

ひかりTVはNTTぷららが運営する光回線でのテレビとビデオのオンデマンドサービスです。

テレビは50チャンネル以上の専門チャンネルビデオは123,000本から好きな作品を選んで見ることができ、もちろんテレビ・ビデオ共に4K作品もどんどん登場しています。

料金は以下の通りで、2年間の定期契約である「2ねん割」に申し込めば当初2年間は月額が1,100円割引になります

ひかりTV 月額料金

なお、ひかりTVには上記以外にも地デジとBS、BS4Kのみ視聴可能な基本放送プランが月額1,100円で用意されていますが、残念ながらこのプランはひかりTV for NUROの対象外となっています。

ひかりTV for NUROはどれだけオトクなの?

NURO 光とひかりTVの基本スペックはご理解頂けたと思いますので、ひかりTV for NUROがどれだけオトクかを見ていきましょう。

NURO 光に新規申し込みをするのに光テレビ for NUROを経由すると、以下の特典を受けることができます

【光テレビ for NUROの割引とプレゼント】

  1. NURO 光の月額料金が1年間実質無料
  2. 基本工事費44,000円が実質無料
    ※30ヶ月分割払いで同額の工事費割引あり
  3. Amazon「Fire TV Stick」1台をプレゼント

NURO 光の月額料金は5,217円(税込)ですから、1年分で62,604円が割引になる計算となります。

これはNURO 光のキャンペーンの中では最もコストパフォーマンスの高いもので、公式キャッシュバックキャンペーンの45,000円より17,604円もオトクです。

たとえば、ドコモ光やソフトバンク光のテレビオプションを利用しているケースでは、3年間までのトータルコスト比較ならひかりTV for NUROのほうが料金は安くなります。

  NURO 光 G2 V
(※1)(※2)
ドコモ光
(※3)
ソフトバンク光
(※4)
月額
1~2ヵ月目
0円 6,545円 6,545円
月額
3~12ヶ月目
2,420円 6,545円 6,545円
1年間総額 24,200円 78,540円 78,540円
月額
13ヵ月目以降
7,637円
(※4)
6,545円 6,545円
2年間総額 115,844円 157,080円 157,080円
月額
25ヵ月目以降
8,737円
(※5)
6,545円 6,545円
3年間総額 220,688円 235,620円 235,620円
4年間総額 325,532円 314,160円 314,160円
※1 ひかりTV for NUROでテレビおすすめプランもしくはビデオざんまいプランを選択
※2 ひかりTVチューナー(税込み月額770円)レンタルを付加
※3 ドコモ光テレビオプション(税込み月額825円)を付加
※4 ソフトバンク光テレビ(税込み月額825円)を付加
※4 13ヵ月目からはNURO 光基本料金5,217円が発生
※5 25ヵ月目からはひかりTV2ねん割終了に伴い、ひかりTVサービス料が税込み月額1,100円アップ

4年間ですとNURO 光のほうが11,372円トータルコストは高くなりますが、プロバイダのセキュリティサービスを利用するならこの差は逆転します。

NURO 光では、端末5台までインストール可能なセキュリティソフトが永年無償で利用できます。

いっぽうドコモ光では、楽天ブロードバンドなど一部のプロバイダを除いては2~3年目にセキュリティサービスが月額330円~550円程度の有料提供となります。

また、ソフトバンク光のセキュリティサービスは2ヶ月目から有料なので、セキュリティサービスを含めた4年間のトータルコストは、NURO 光<ドコモ光<ソフトバンク光となるのです。

なお、「自宅にアンテナがあって地デジやBSが見れれば十分」という方は、長い目で見るとキャッシュバックキャンペーンを選択するべきでしょう。

しかし、多チャンネルサービスやビデオオンデマンドなどを利用しているなら、ひかりTV for NUROによって光回線のコスト削減・高速化とテレビサービスの充実を両立することが可能になります。

NURO 光 公式はこちら

45,000円キャッシュバックはこちら
今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!  

NURO 光 初年度無料はこちら
ひかりTV for NURO

NURO 光はひかりTVに加入すれば最安に?NURO 光 ひかりTV セット割引に申込むと、NURO 光を最安で利用することができます。携帯キャリアの格安料金プランと組み合わせると最もコスパの高いNURO 光をさらにオトクに使えるひかりTV for NUROで、ネットもテレビも思う存分楽しんじゃいましょう!...

ひかりTV for NUROのメリット・デメリット

なにかとコストパフォーマンスの高いひかりTV for NUROですが、メリットとデメリットをみていきましょう。

ひかりTV for NUROのデメリット

ひかりTV for NUROのデメリットは以下の4点です。

  1. NURO 光ではプロバイダがSo-netしか選べない
  2. ひかりTV対応チューナーが必要
  3. 録画をするには別売りの外付けHDDが必要
  4. テレビ2台で見るには対策が必要

NURO 光のプロバイダはSo-netのみ

NURO 光ではプロバイダは So-net 一択です。

そのため、これまで利用していたプロバイダがSo-net以外なら、契約を解約する必要があります。

各プロバイダには固有のメリット・デメリットがありますので、So-netに変更することによって大きなデメリットを感じるようなら、光回線をNURO 光に切り替えるのはおススメできません。

So-netのプロバイダサービスにおける便利なインターネット関連オプションは以下の通りですので、現在利用しているプロバイダと比較してみてください。

サービス名 サービス内容 料金
セキュリティソフト 総合セキュリティソフトであるカスペルスキーセキュリティがデバイス5台まで利用可能。 無料
プラスメールアドレスサービス 最大10件のメールアドレスを取得できるサービス 110円/月
PostPetメールアカウントサービス ドメインに@postpetが入ったメールアドレスを取得可能 220円/月
So-net安心サポート PCやインターネット、その周辺機器の疑問や不安を解消する電話での有償サポート。PCは遠隔操作を受けられる。 330円/月
詐欺ウォール フィッシング詐欺やワンクリック詐欺に特化したインターネットサギウォールの提供 330円/月
らくらくバックアップ無制限 パソコンのデータを無制限でバックアップ 550円/月

また、現在利用しているプロバイダのメールサービスを仕事やプライベートで活用しているなら、メールサービスのみ契約を継続して光回線はNURO 光に切り替えるということも検討してみましょう。

ひかりTV対応チューナーが必要

ひかりTVを見るにはひかりTV対応の専用チューナーのレンタルが必要なので、その分コストアップになってしまいます。

チューナ名 仕様 レンタル料 購入
ST-4500 4K、BS4K対応 770円/月 37,800円
ST-4100 4K対応 990円/月 提供無し
ST-3400 4K対応(※1) 550円/月 30,351円
ST-3200/AM900 4K非対応(※2) 550円/月 提供無し
※1 4Kの視聴には4Kアップグレードが必要です(別途4,950円(税込)
※2 どこでもテレビ視聴機能はAM900のみ対応

おすすめのチューナーは、は4K・BS4Kに対応しているST-4500でしょう。

50ヶ月以上の長期間の契約を決めているなら購入したほうがオトクになりますので、無料期間の2ヶ月間でひかりTVに魅力を感じるならチューナーを購入するのもアリですね。

録画をするには別売りのHDDが必要

ひかりTVでは、ひかりTV対応チューナーを介しての録画しかできません。

録画機能付きのテレビや、Panosonic DIGAなど市販のレコーダーには録画ができない仕組みになっているのです。

テレビもレコーダーも搭載されたチューナーを介して録画をしているのですが、ひかりTVの場合は、ひかりTV対応チューナーに接続したHDDにしか録画ができないという制約があるのです。

ただHDDは大容量のものでも2万円程度なので、市販のレコーダーを購入するより安い価格で録画環境を整えることができるとも言えます。

接続可能なHDDはひかりTV対応チューナーの種類によって変わりますので、何を選べば良いかは、以下を参考にしてください。

テレビ2台で見るには対策が必要

ひかりTVで2台目のテレビを見るには、以下の設備が必要になります。

  • 2台目のひかりTV対応チューナー
  • 光ボックス+(製造終了につき中古品を調達する必要あり)
  • Amazon Fire TV Stick

ひかりTV for NUROに申込むと、いまならAmazon Fire TV Stickが1台プレゼントされますので、追加投資無しで2台目のテレビを楽しむことができます

Amazon Fire TV視聴方法はこちら

ひかりTV for NUROのメリット

ひかりTV for NUROを利用するメリットは以下の4点です。

  1. パソコン・スマホ・タブレットでテレビを見ることができる
  2. 外付けHDDさえ接続すれば録画はかんたん
  3. 通信速度下り最大2Gbpsの超高速インターネット
  4. アンテナを設置する必要がない

複数のデバイスでテレビをみれる

ひかりTVの一番のメリットは、専用アプリ「ひかりTVどこでも」を利用すれば、パソコン・スマホ・タブレットから外出先でもテレビやビデオを楽しめるということでしょう。

「ひかりTVどこでも」は無料でダウンロード可能なアプリで、コンテンツをあらかじめダウンロードしておけば移動中でも映像が途切れることがありません

通勤や通学の電車の中などで見逃したドラマなどを楽しめるというのは、非常に使い勝手の良いサービスですね。

外付けHDDで簡単録画

ひかりTVのデメリットで、テレビや市販のレコーダーへの録画ができないことを説明しました。

ただし、HDDさえ接続してしまえば、チューナーのリモコン操作で番組表から簡単に録画することが出来るようになります。

また、HDDはチューナーを搭載した市販のレコーダーよりかなり安く購入することが可能です。

もちろんチューナーのレンタル料との合計で考える必要がありますが、高機能のレコーダーを購入するより、はるかに安い金額で大容量HDDを入手することができます。

NURO 光は超高速インターネット

ひかりTV for NUROのメリットは何といっても下り最大2Gbpsの超高速インターネット通信でしょう。

フレッツ光やauひかりも10Gbpsのインターネット接続サービスを始めていますが、まだ都内しかサービス展開されていません。

通常サービスでの国内最速インターネットのNURO 光と、光回線のテレビ視聴サービスであるひかりTVは、非常に相性が良い組み合わせだといえるでしょう。

ひかりTVは光回線を使ってテレビの配信を受けるため、アンテナを立てる必要がありません。

アンテナを立てることによって自宅の外観を損ないたくない方や、そもそもアンテナの受信状況が良くないと悩んでいる方などにはひかりTVはおススメです。

ただし、アンテナを立てることに抵抗が無いなら、長期的にはアンテナを立てたほうが費用は安く済みます。

このあたりは、ひかりTVの番組ラインナップと月々の基本料金をオトクに感じるかどうかで判断が分かれるところかと思います。

まとめ

ahamoやpovoなど、携帯各社から新料金プランが続々と発表されていますね。

携帯大手3社のユーザーは、これまで携帯料金の割引が受けられるドコモ光・auひかり・ソフトバンク光を選択していたと思います。

しかし、大手キャリアの低料金プランへの変更によって光回線のセット割引が受けられなくなると、いま使っている光回線の月額料金が最も安いわけではなくなってしまう…

せっかく携帯電話の料金が下がるのに、光回線の月額料金が上がってしまってはなんだか少し損した気分になってしまいますよね?

そこで今回おススメしたのがひかりTV for NURO。

最大下り2GbpsのインターネットサービスとひかりTVは相性が良く、しかも大手キャリア系の光回線を使い続けるより、月額料金が安くなるというのは大きな魅力です。

とくに自宅にアンテナを立てたくなかったり、電波状況が悪くてテレビの映りがいまひとつだと感じている方などは、ひかりTV for NUROはぴったりのサービスでしょう。

携帯電話の料金見直しと同時にインターネットとテレビの環境見直しをして、新しい気持ちで新年度を迎えるのも悪くないと思いませんか?