イヤホン、ヘッドセット

ヘッドセットのノイズキャンセリング機能とは?

web会議用にヘッドセットやイヤホンを購入しようとすると、ノイズキャンセリングという機能が搭載された商品を目にします。

ノイズキャンセリングはノイズを低減する機能ですが、その方式によってノイズの低減量に大きな違いがあります。

また、ノイズには「自分に聞こえるノイズ」と「相手に聞こえるノイズ」がありますから、そのどちらを低減したいのかによって選ぶべき製品が違ってきます。

今回は自分の機能通りのヘッドセットを購入できるように、知っておいていただきたい知識をわかりやすく解説していきます。

ノイズキャンセリング機能とは

ノイズキャンセリング機能とはノイズを低減する技術のことで、そのレベルが高くなればなるほど限りなくノイズを取り除くことができます。

ただし、レベルの高いノイズキャンセリング機能を搭載した製品は、それだけ値段も高くなるということになります。

パッシブ・ノイズキャンセリング(PNC)

パッシブ・ノイズキャンセリングは、製品の形状や材質などによって遮音性を高めてノイズを低減する技術のことで、PNCと表記されることもあります。

ですから、ヘッドセットの仕様欄にノイズキャンセリング機能(PNC)もしくはPNCと記載されている製品は、「遮音性を高める対策を施した製品ですよ」ということになります。

このパッシブ・ノイズキャンセリングの最も分かりやすい例がヘッドホンのイヤーパッドでしょう。

オーバーイヤーヘッドフォン耳を完全に覆うタイプのヘッドフォンのイヤーパッドって、高価な製品になればなるほど耳をすっぽり包むような大きさで、柔らかい遮音性に優れた素材が使われていますよね?

このように、パッシブ・ノイズキャンセリングは物理的に外部からのノイズを低減するための技術と言いかえることができます。

たったそれだけ?と思われるかもしれませんが、物理的に外部からのノイズを遮断する効果は想像以上に高く、主に中音域~高音域のノイズを低減するのに適しています。

そのかわり、パッシブ・ノイズキャンセリングは低音ノイズの低減はあまり得意ではありません。

このあたりは耳栓を想像してみるとイメージが湧きやすいのではないでしょうか?

では、低音ノイズを低減する技術は?というと、アクティブ・ノイズキャンセリング機能(ANC)の出番になります。

アクティブ・ノイズキャンセリング(ANC)

アクティブ・ノイズキャンセリングはANCと表記されることもあり、パッシブ・ノイズキャンセリングとは逆に低音域~中音域のノイズに有効です。

音波と言われるように音の正体は空気を揺らして伝わっていく波で、振幅が大きいほど音は大きく、波長の間隔が短くなるほど高い音になります。

音波について

アクティブ・ノイズキャンセリングは、ノイズの波形とは逆の波形(=逆位相の音波)をぶつけてノイズそのものを消してしまう、音の波形を利用してノイズを消し去る技術のことなのです。

Noise Canceling出典:TIME&SPACE by KDDI

このアクティブ・ノイズキャンセリングには、フィードフォワード方式とフィードバック方式というさらに2種類の技術が存在します。

フィードフォワード方式とは、ヘッドホンの外側にマイクを配置して外部からのノイズを集音し、そのノイズと逆位相の音波を電気的につくりだして同時に流す技術です。

この技術で外部からのノイズが低減されるということですね。

いっぽうフィードバック方式は、ヘッドホンの内側にマイクを配置して本来の再生音と外部からのノイズ両方を集音し、その逆位相をぶつけていったんすべての音を消し去ります

そのうえで、本来必要な再生音だけをスピーカーから流すという技術です。

フィードフォワード方式とフィードバック方式では、フィードバック方式のほうがノイズキャンセリング効果が高く、この方式が搭載された製品のほうが価格が高くなります

また、アクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載した製品は、対策の大小こそあれ何らかのパッシブ・ノイズキャンセリング機能が備わっています。

クリアボイスキャプチャー(cVc)

クリア・ボイス・キャプチャー(cVc)は、音声通話時に風切り音や周囲の環境音を低減させる機能で、クアルコム社のソフトウェア技術のことを指します。

cVcはクアルコム社製のBluetoothオーディオチップに搭載されており、このチップを使っているBluetoothイヤホンマイクやヘッドセットは、結果的にcVcが搭載されているということになります。

パッシブ、アクティブ・ノイズキャンセリングとの大きな違いは、あくまで通話用のノイキャン機能だということと、Bluetoothワイヤレス製品にしか搭載されていないということ。

つまり音楽用など「聴くとき」のノイズキャンセリングを重視したい方は、cVcだけが搭載された製品を選ぶと期待外れに終わります

そして、Bluetoothワイヤレスイヤホンやヘッドセットには、アクティブ・ノイズキャンセリング(cVc)と表記されている製品もありますが、本来のANCとは別物だということ

ノイズキャンセリング性能はANCが最も高く、そのぶん値段も高価になります。

5千円以下のヘッドセットやイヤホンマイクでアクティブ・ノイズキャンセリングと表記してある製品は、ほぼcVcだと断言できますので、安さに目がくらんでがっかりしないように注意しましょう。

ヘッドセットのノイズキャンセリングは2種類?

ヘッドセットのノイズキャンセリングを考える時には、ヘッドホンとマイク、どちらにノイズキャンセリング機能が搭載された製品なのかをチェックする必要があります。

ヘッドホンとマイクのノイズキャンセリング

ヘッドセットはいわばマイクの付いたヘッドホンです。

したがってヘッドセットの場合、自分の耳に入ってくるノイズを低減するノイズキャンセリングと、マイクに集音されてしまうノイズをカットしてクリアな音声を届けるためのノイキャンの2種類があるということ。

そこを理解していないと、自分の希望に合わない製品を選んでしまうことになりかねません。

web会議用にヘッドセットの購入を考えているなら、どちらかいとえば自宅の生活音やオフィスの喧騒などのノイズが相手に伝わらないようにしたいという方が多いのではないでしょうか?

そのようなニーズがあるなら、マイクにアクティブ・ノイズキャンセル機能が搭載された製品を選ぶ必要があります

マイクにアクティブ・ノイズキャンセリングが搭載されたものは、業務用ヘッドセットやゲーミングヘッドセットに多く見られますので、その分野の製品を中心に選ぶと良いでしょう。

いっぽう、ひとりぐらしで生活音などはあまり気にならないという方は、マイクのノイズキャンセリング機能にそれほどこだわる必要はないでしょう。

耳から聞こえてくるノイズのうち、相手が出すものは対策の施しようがありませんが、自宅やオフィスなどで周囲の喧騒をカットして業務に集中したいというなら、ヘッドホン部分にノイズキャンセリング機能を搭載した製品を選びましょう

通話ノイズを低減するヘッドセット

通話ノイズを低減するには、マイクにノイズキャンセリング機能が搭載されている製品を選ぶ必要があります

マイクのノイズキャンセリング機能には、パッシブ・ノイズキャンセリング(PNC)、アクティブ・ノイズキャンセリング(ANC)、クリア・ボイス・キャプチャー(cVc)の3種類があるのでしっかり見分けましょう。

とくに完全ワイヤレスのBluetoothヘッドセットだと、アクティブ・ノイズキャンセリングとうたいながら実はcVcだったなんてこともザラにあります。

cVcよりANCのほうがノイズはクリアになりますので、とにかく通話品質を上げたいという方はANC搭載の製品を選ぶべきです。

僕は普段から色々なメーカのサイトで製品を確認していますが、ノイズキャンセリング機能とかノイズキャンセリングタイプとしか記載していないものが非常に多いんですよね。

「これいいな」と思った製品がどのノイズキャンセリングなのか、よくわからなければ購入前に必ずメーカーのサポートに問い合わせましょう。

リモートワークに最適なヘッドセット16選テレワークでリモート会議の時に声が聞こえずらいと言われたことはありませんか?今やオンラインでの通話品質はビジネスマナーといっても過言ではありません。商談や社内会議で評価アップ間違いなしのヘッドセットをご紹介します。...

また、ノイズキャンセリング機能ではありませんが、マイクには指向性があります

Directivity

ヘッドセットのマイクは、周囲のノイズを集音しずらい単一指向性もしくは双指向性のものがおすすめですので、それも覚えておいてください。

耳へのノイズを低減するならオーバーイヤータイプ

自分の耳に聴こえるノイズをカットしたいなら、クローズドタイプのヘッドセットを選ぶと良いでしょう。

クローズドタイプとは、ヘッドホンの耳当て部分(イヤーパッド)が耳を完全に覆うタイプのもので、耳を完全に覆わないオープンエアタイプの製品よりノイズが入りにくくなります。

ヘッドセットのタイプ・形状

クローズドタイプはいわゆるパッシブ・ノイズキャンセリングのなかでも最も効果の高い形状ですから、このタイプのヘッドセットを選ぶだけでかなりのノイズをカットしてくれます。

業務用のクローズドタイプのヘッドセットは高価なものが多いですが、ゲーミングヘッドセットなら1万円台で購入可能な製品も色々と選ぶことができます。

クローズドタイプのヘッドセットの弱点は、大型になるので持ち運びには不向きということ。

自宅とオフィス両方で使いたい方は、オープンエアタイプのヘッドセットかワイヤレスイヤホンを検討することをおすすめします。

とくにワイヤレスイヤホンはポケットに入れて持ち運べるので、オフィスへの出勤頻度が高い方には使い勝手が良いと思います。

リモートワークにおすすめのイヤホンマイク12選web会議におすすめのイヤホンマイクをご紹介します。オフィスでも自宅でも機動性が高いワイヤレスタイプの商品で、自信をもってお勧めできる機種だけをピックアップしました。...

ワイヤレスレスイヤホンは音響メーカーと業務用メーカーの製品がありますが、音響メーカーの製品はやはり音楽を聴くことに特化したつくりになっています。

そのため、ワイヤレスイヤホンは自分の耳に聴こえるノイズをカットするアクティブ・ノイズキャンセリングは高性能な製品が多い反面、マイク性能がいまひとつという印象です。

各音響メーカーともファームウェアのアップデートでマイク性能の向上を図っていますが、通話品質の高いワイヤレスイヤホンを選びたいと考える方は、ヘッドセットメーカーの製品を選ぶと良いでしょう。

まとめ

ヘッドセットを選ぶ時には、ノイズキャンセリング機能が搭載されているかは重要なポイントです。

ノイズキャンセリングは文字通りノイズ(雑音)をキャンセル(無くしてしまう)機能のことです。

しかしノイズには、自分の耳に聴こえる雑音と、相手に雑音として聴こえてしまうものの2種類が存在します。

ヘッドセットはスピーカーとマイクが組み合わさった製品なので、どちらのノイズを取り除く機能が搭載されているのかを購入前にしっかり確認する必要があります。

自分のクリアな声を相手に届けたいのであれば、マイクにノイズキャンセリング機能が搭載された製品を選ぶべきです。

いっぽう、自分がノイズの無いクリアな音を聴きたいのであれば、ヘッドホンやイヤホンにノイズキャンセリング機能が搭載された製品を選ぶべきでしょう。

また、ノイズキャンセリングにはパッシブ(PNC)・アクティブ(ANC)の2種類と、通話時のノイズのみを低減するクリア・ボイス・キャプチャー(cVc)という技術があります。

PNCとANCは「聞くとき」と「話すとき」どちらにも応用される技術ですが、cVcは「話すとき」だけ、しかもBluetoothで接続を行う製品だけに搭載されているという特徴があります。

このようなノイズキャンセリングの種類や特徴を理解したうえで、自分がヘッドセットに求めている機能が搭載された製品を正しく選んで欲しいと思います。