NURO光

ソフトバンク光が遅いならNURO光に乗り換えよう

ソフトバンク光が遅いと思っているなら、NURO光への乗り換えがおススメです。

NURO光なら、ソフトバンクスマホの月額料金が割引になる「おうち割 光セット」はそのまま継続できて、下り最大2Gbpsの圧倒的なスピードが手に入りますよ。

 

ソフトバンク光より安くて速いNURO光

ソフトバンクのスマホでおうち割 光セットが適用されるのはソフトバンク光だけだと思っていませんか?

じつは、国内最速2Gbpsの通信速度で利用者を増やしているNORO光でも、おうち割 光セットの適用を受けることができます

ソフトバンク光が遅いと感じているなら、安くて速いNURO光への乗り換えがおススメです。

ソフトバンク光とNURO光の通信速度

ソフトバンク光の通信速度は下り最大1Gbpsで、NTTフレッツ光の回線を利用してソフトバンクがサービスを提供している光コラボです。

光コラボはソフトバンク光以外にもたくさんのサービスがありますが、そのどれもがフレッツ光の回線を使っているので、ベストエフォートで下り最大1Gbpsとなっています。

ベストエフォートとは?

技術企画上の最大通信速度のこと
実際の通信速度は、回線の込み具合やユーザーが使用しているWiFiルーターやパソコン・スマホなどデバイスの性能によって最大通信速度以下になります。

今回紹介するNURO光もベストエフォートですが、なんと下り最大2Gbpsとソフトバンク光の2倍のスピードです。

なぜこのような通信速度なのかというと、NURO光は独自で光回線を敷設しているから。

光回線は1芯を最大32人のユーザーで利用しますが、NURO光はこの伝送技術にGPONという世界標準のテクノロジーを新たに採用して高速通信を実現しています。

また、有線だけでなく無線も下り最大2Gbpsにしたいという方も多いと思います。。

そこで、最新規格WiFi6(11ax)対応、5G通信で最大伝送速度約4.7Gbpsというソニーと共同開発の新型ONUのレンタルサービスも用意されています

無線で下り最大2Gbpsをより実感できるのは、動画やゲームなど家族が同時にインターネットを利用するシーンが多い方でしょう。

インターネットの通信速度は1秒間に何ビットのデータを転送できるかを表しています。

つまり、1秒あたりのデータ伝送量が決まっているので、接続している人数が多いほどデータ量の取り合いになってしまということ。

通信速度が速いということは、1秒あたりのデータ伝送量が多いから、複数人で使っても速度が低下しにくいということになるんですね。

テレワークやリモート授業など、インターネットの利用機会はますます増えていますので、ネット環境を見直したいと考えている方にもNURO光はおススメなのです。

ソフトバンク光とNURO光の料金比較

いくら高速インターネット通信だといっても、月々の利用料が高いのでは意味がありません。

そこで、ソフトバンクのスマホが月々割引になるおうち割 光セットの適用を受けられるという条件のもと、ソフトバンク光とNURO光の月額料金を算出したのが下の表です。

なお、価格は全て税込み表示となっています。

項目 ソフトバンク光 NURO光 G2V NURO光
for マンション
プロバイダ Yahoo!BB So-net
通信速度 下り 上り 下り/上り
1Gbps 1Gbps 2Gbps/1Gbps
月額基本料金 戸建て マンション 戸建て/マンション マンション
5,720円 4,180円 5,217円 2,750円
セキュリティ 627円/月(※1) 5台まで無料 550円/月
電話 ホワイト光電話 NURO光でんわ
無料 550円/月
WiFiルーター 550円/月(※2) 770円/月(※3)
月額合計 6,897円 5,357円 6,537円 4,620円
※1 BBマルチセキュリティパック(端末3台まで)利用の場合
※2 WiFiマルチパックと光BBユニットレンタル料、ホワイト光電話基本料金含む
※3 独自開発11ax対応ONU(最大通信速度4,800MbpsのWiFiルーター機能付き)とQrio Lock(スマートフォンでカギを操作できるサマートロック)利用の場合

ソフトバンク光、NURO光ともに2年定期契約の月額料金での比較表となっています。

ソフトバンク光では、月額550円のWiFiマルチパック(光BBユニット、ホワイト光電話月額基本料込み)に加入しておうち割 光セットが適用されているケース。

NURO光ではおうち割 光セットの適用を受けるためにNURO光でんわに加入しているケースを比較してみました。

まず月額料金ですが、戸建て・マンションともNURO光のほうがどちらも安く設定されています。

次にセキュリティソフトですが、ソフトバンク光は月額627円なのに対し、NURO光は戸建てなら永年無料、マンションでも月額550円と安く設定されていますね。

ソフトバンク光でホワイト光電話に加入されている方は、WiFiマルチパック、もしくは光BBユニットレンタルとあわせて月々550円を負担していると思います。

それに対して、NURO光でんわも月々550円ですが、じつは東海・関西・九州は月額330円になりますので、ソフトバンク光と同じか地域によっては安いということになります。

最後にWiFiルーターですが、NURO光を無線でも下り最大2Gbpsで楽しみたいという方は、WiFiルーター機能付き最新ONU(NSD-G1000T)がレンタルされるスマートセット(月額700円)に申込みましょう

ただし、無料で提供されるWiFiルーターでも無線通信速度は下り最大1.3Gbpsありますから、これでも十分かもしれません

スマートセットはNURO光への新規加入時のみのオプション契約で、あとから追加することができません。

さて、光回線の基本料金・電話・セキュリティソフト・WiFiルーターすべて合わせた月額料金は、戸建て・マンション共にソフトバンク光の方が高いという結果になりました。

ソフトバンク光と同じくスマホ1台あたり月々1,000円割引になる「おうち割 光セット」が適用されるNURO光をおすすめする理由がお分かり頂けたのではないかと思います。

しかも、NURO 光に乗り換えると、今ならキャンペーンによってさらにオトクに高速インターネット環境が手に入るんです!

NURO光の充実したキャンペーンとオプション

NURO光では45,000円キャッシュバックをはじめ様々なキャンペーンやオプションが展開されています。

 

どのキャンペーンも基本工事費は実質無料ですので、自分に合ったキャンペーンを選ぶと良いでしょう。

特にNUROでんきセットやひかりTVセット割引は、戸建てならキャッシュバックよりもコストパフォーマンスが高いキャンペーンだと思います。

  1. NURO光お得なキャッシュバック&割引キャンペーン!
    45,000円のキャッシュバック+基本工事費実質無料(工事分割金と同額を月額基本料金から割引)
  2. 1年間 980円
    月額基本料金が1年間ずーっと980円+基本工事費実質無料(工事分割金と同額を月額基本料金から割引)
  3. 3ヶ月間 月額500円トライアル
    最大3ヵ月間、NURO光を月額500円でトライアル+基本工事費実質無料(工事分割金と同額を月額基本料金から割引)
    ※開通月を含む3ヵ月以内の解約なら、契約解除料・工事費残債の請求なし
  4. NUROでんきセット割引 1年間月額基本料金100円
    NURO光とNUROでんき同時申込みで、利用開始月含む最大1年間月額基本料金100円+基本工事費実質無料(工事分割金と同額を月額基本料金から割引)
  5. ひかりTVセット割引
    NURO光とひかりTV(2ねん割プラン)同時申込みで、ネットとテレビ合算で1年間1,650円~利用可能+Amazon “Fire TV Stick” 1台プレゼント+基本工事費実質無料(工事分割金と同額を月額基本料金から割引)

ソフトバンク光が遅い原因

この章では、ソフトバンク光が遅い原因と対策を説明していきましょう。

ケースによっては対策次第で通信速度がアップする可能性もありますよ。

ソフトバンク光の光BBユニットが古い

インターネットの通信速度に影響を及ぼす原因として、WiFiルーターの規格があげられます。

WiFiルーターは規格によって最大通信速度が異なるのです

規格 周波数帯 最大通信速度
IEEE802.11b 2.4GHz 11Mbps
IEEE802.11g 2.4GHz 54Mbps
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps
IEEE802.11n 2.4GHz 600Mbps
5GHz
IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11a(WiGig) 60GHz 6.8Gbps
IEEE802.11ax 2.4GHz 9.6Gbps
5GHz

上の表の通り、古いWiFiルーターはどんなに頑張っても通信速度がそもそも遅く、最大通信速度1Gbpsの光回線に対応していない可能性があります。

ソフトバンク光を利用している場合、光BBユニットにWiFiマルチパックで無線機能を搭載しているか、市販のWiFiルーターを購入してそれを使っているかのどちらかのはず。

「何年も前からソフトバンク光を利用していて、その時に設置した光BBユニットやWiFiルーターをずっと使っている。」

このようなケースでは、光BBユニットやWiFiルーターに通信速度低下の原因がありますので、一度調べてみるべきです(IEEE802.11nのWiFiルーターを使っている方は結構いらっしゃると思いますよ)。

たとえば、光BBユニットに機種名が記載されていない場合、「E-WMTA2.1」という通信速度が最大100Mbpsの古い機種ということになります

この光BBユニットでは、光回線の最大通信速度1Gbpsの1/10の性能しかないということになってしまいます。

もし、古い光BBユニットを使っているなら、My Softbankから交換を依頼しましょう。

また、自分で購入したWiFiルーターを使っている場合、通信規格の調べ方は以下の通りです。

【Windows】
スタートメニュー ⇒ 設定 ⇒ ネットワークとインターネット ⇒ WiFi ⇒ハードウェアのプロパティ ⇒ プロトコル

【Mac】
左上のリンゴのマーク ⇒ このMacについて ⇒ システムレポート ⇒ ネットワークにあるWiFiを選択

もし使っているWiFiルーターが11n以前の規格なら、11acもしくは11ax規格のWiFiルーターに切り替えてみましょう

ソフトバンク光の通信方式が古い

ソフトバンク光にはIPv6 IPoE+IPv4接続方式というインターネットへの高速接続方式が用意されています。

これは、従来のインターネット接続方式に比べて、利用者の集中による通信速度低下の影響を受けにくい通信技術で、以下の図のようなイメージのものです。

IPoE IPv4 over IPv6

IPv6 IPoE接続方式という新しい技術を使って、利用者の集中を回避してネット接続を行うという技術です。

ただし、従来のIPv4でつくられたインターネットに接続する必要あるときは、接続の直前でそちらに切り替えてくれるので、IPv6 IPoE+IPv4接続方式はトンネル方式とも呼ばれます。

この接続方式では、特にインターネットの利用者が多い週末の深夜などの時間帯で、速度低下のストレスが軽減されます。

自分の使っている接続環境が従来方式のIPv4か新方式のIPv6かを調べるには、以下のボタンからインターネットの接続テストを実施してみてください。

 

 

結果画面で下の図のようにIPv6は利用できませんと表示されたら、従来のIPv4 PPPoE方式だということになります。

セレクトラ スピードテストメーター

もし現在に通信方式がIPv4 PPPoE方式なら、こちらからホームゲートウェイや光BBユニットの設定変更を行って、IPv6 IPoE+IPv4接続方式への切り替えを行ってみてください。

ソフトバンク光の通信回線とプロバイダ

インターネットの通信速度を大きく左右する要素はいくつかありますが、大きな要因として光回線の種類とプロバイダがあげられます

ソフトバンク光の光回線は、NTTフレッツ光の回線を使っている光コラボというサービスです。

光コラボはNTTのフレッツ光の回線を利用して、契約とサポート窓口をプロバイダに1本化したサービスなんです。

そのため、ソフトバンク光の光回線自体はフレッツ光と同じなので、フレッツ光や他の光コラボに乗り換えても回線自体の通信速度が変わることはありません

同じインフラを使っているので当然と言えば当然ですよね?

いっぽう、フレッツ光や光コラボは、プロバイダによって通信速度がかわるといわれています。

プロバイダは光回線とインターネットを接続する役割を担っていて、プロバイダの設備の能力次第で通信速度が大きく変わるのです。

プロバイダの役割

一般的に、通信高速化への設備投資を実施しているプロバイダは通信速度が速く、古い設備しかもたないプロバイダの通信速度は遅いということになります。

したがって、速さを売りにしているプロバイダ=高速化への設備投資を惜しまないプロバイダを選ぶことが、高速インターネット環境を手に入れるにはとても重要なのです。

ソフトバンク光では、プロバイダはYahoo!BBだけしか選択できません。

つまり、ソフトバンク光でプロバイダを変更するということは、ソフトバンク光も解約するということになります。

ソフトバンク光を解約した場合、新規工事の必要のないフレッツ光や他の光コラボに乗り換えれば良いのですが、ソフトバンクのスマホを使っているとそうはいきません。

なぜなら、フレッツ光や光コラボの中でおうち割 光セットが適用されるインターネット接続サービスはYahoo!BB光フレッツかソフトバンク光しかないからです。

ソフトバンク光からYahoo!BB光フレッツに乗り換えたところで、光回線とプロバイダが元のままですから、何も変わりません。

つまり、ソフトバンク光を解約して通信速度をアップしつつ、「おうち割 光セット」の適用も受けられるインターネット接続サービスはNORU光一択となるのです。

NURO光はフレッツ光の光回線を利用していない独自回線ですし、そもそも光回線のスペックは下り最大2Gbpsでフレッツ光の2倍の速です。

月々の基本月額がソフトバンク光より安くて、通信速度も速いインターネット接続サービスを利用しない手は無いと思いますがいかがでしょうか?

まとめ

ソフトバンクのスマホが安くなるから光回線はソフトバンク光を使っているという方は多いと思います。

ただ、ソフトバンク光の通信速度に不満を感じている方も多いのではないでしょうか?

もしソフトバンク光の通信速度に不満があるなら、下り最大2Gbpsという国内最速のNURO光への乗り換えをおすすめします。

NURO光はソフトバンク光と同じくおうち割 光セットの適用を受けることができるので、ソフトバンクのスマホが1台あたり月々1,000円割引になります。

いっぽうで月々の基本料金はソフトバンク光よりも安く設定されています。

NURO光だとソフトバンクスマホの割引は変わらないのに、インターネットはソフトバンク光より速くて安い

これ、乗り換えない理由が見当たらないと思いませんか?

もっとも、光BBユニットの変更やインターネットへの接続方式をIPv6 IPoE+IPv4に変更するなど、ソフトバンク光のまま通信速度を改善する方法もあります。

ただし、それでも最大通信速度1Gbpsのなかでの改善ですから、NURO光の最大通信速度2Gbpsとはかなりの差があります。

NURO光への申込み方法やソフトバンク光の解約方法などは以下のサイトでさらに詳しく解説していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

NURO光でソフトバンクのスマホが安くなる?NURO光ならソフトバンクスマホの月額料金が安くなる「おうち割 光セット」が適用になるって知ってましたか?ソフトバンクユーザーなら国内光回線では最速のNURO光をオトクに使うチャンスです!...