イヤホン、ヘッドセット

Jabra Elite 75t レビュー

Jabra Elite 75t 仕様Elite 75tは1万円台前半の最強製品

Jabra Elite 75tは2019年11月に発売された完全ワイヤレスイヤホンで、後継機Elite 85tが発売された為、1万5千円以下で購入可能です。

発売当初はANC(=アクティブ・ノイズキャンセリング)非搭載でしたが、ファームウェアのアップデートでANCが後付けされ、これが予想以上に効果が感じられる出来栄えです。

また、Jabraの強みである低音寄りの音質や内臓マイクによる通話の品質は最新機種のElite 85tと比較しても遜色ないレベル。

1万円台前半のワイヤレスイヤホンをお探しの方には、是非興味を持っていただきたい製品です。

Jabra Elite75t 評価

Jabra Elite 75tの通話品質と音質をチェック

まずは最も気になる通話品質と音質をチェックしていきましょう。

Jabra Elite 75tのマイク性能

Elite 75tの技術仕様書には、製品紹介の一番最初に「クリアな通話品質」というフレーズが記載されていますので、Jabraが通話にフォーカスしていることがうかがえます。

実際にかなりざわついている所業店舗でマイクテストをしてみましたが、Elite 75tの通話品質は「さすがJabra!」と思えるような自然でクリアなものでした。


音声が自然に聞こえるという点においては、個人的にはElite 85tを上回るのではないかと思います。

完全ワイヤレスイヤホンにありがちな「マイクから離れたところで話しているような聞こえ方」や「自分の声より周囲のノイズのほうが強調されてしまう」といったデメリットがほとんど感じられません。

むしろ「口元のマイクに向かって話している」ような聞こえ方としては、完全ワイヤレスイヤホンの中では間違いなくトップクラスです。

デュアルマイクを搭載したほとんどの製品は、その主要な役割をフィードフォワード方式のANCのためとしていて、通話品質向上のためとしているものはそう多くありません。

いっぽうで、Elite 75tはデュアルマイクを搭載していながら、発売当初はANC(=アクティブ・ノイズキャンセリング)機能が非搭載でした。

つまり、シングルマイクだったElite 65tからデュアルマイクのElite 75tへの進化は、純粋に通話品質の向上のためだったということ。

そう考えると、通話品質がこれだけ高いレベルに仕上がっているのも納得です。

ちなみに以下の記事で最新のElite 85tのマイクテストも行っていますので、こちらも参考にしてみてください。

Jabra Elite 85tレビューJabra Elite 85tはweb会議に最も適した完全ワイヤレスイヤホンだと断言させてくれる性能に仕上がっていました。web会議用に通話品質の高いTWSを探しているなら、Elite 85tはうってつけの1台です!...

Jabra Elite 75tの音質とノイズキャンセリング性能

Jabra Elite 75tの音質とノイズキャンセリング機能について個別に解説します。

Jabra Elite 75tの音質

Elite 75tの音質は、全体的には低音域が強化された引き締まったサウンドではあるものの、中音~高音域の滑らかな伸びあがりや透明感も感じられる音に仕上がっています。

特にベースなどの弦楽器の低音が際立って良い印象を受けたのですが、6mmという決して大口径とはいえないドライバーでありながらこの音質は上出来ではないでしょうか?

いわゆる「ドンシャリ系」ではあるものの、低音域と高音域がヒステリックにアタックしてくる感じはなく、厚みと透明感をもったサウンドを丁寧に聞かせてくれます。

いっぽうで音源のコントラストがある程度際立って感じられるぶん、デジタルチックな印象を受ける方もいるかもしれません。

低音域は下方向、中音~高音域にかけては奥行きもそれなりに感じられることから、十分とはいえないものの音場の広がりもそれなりに感じられます。

1万円台前半という価格を考えれば、十分満足のいく音づくりができている製品であることは間違いありません。

Jabra Elite 75tノイズキャンセリング

Elite 75tのANC(=アクティブ・ノイズキャンセリング)は、冒頭に申し上げた通り後付けされた機能となっています。

2020年10月に実施されたファームウェア・アップデートで追加されたんですが、後付けのANCはおそらく他に例を見ない取り組みではないかと思います。

ANCはフィードフォワード方式で、デュアルマイクを搭載していたからこそ可能になった機能追加だといえるでしょう。

ANCは「Jabra Sound+」というアプリを使って、実際のノイズが発生する環境下でANCの効き具合を確認しながら設定します。

そのため、自分がANCを使いたい電車の中やオフィスなど、実際にその場所でANCの設定を行わないと十分な効果がないと感じてしまう可能性があるので注意が必要です。

ネット上にはElite 75tのANCは全く機能しないとのカキコミも見られますが、これは設定場所が適切でなかったためではないかと推測されます。

AirPods ProのANCを10点満点として比較してみると、僕としては6.5点程度のノイキャン効果は認められると感じました。

Elite 75tはもともとPNC(=パッシブ・ノイズキャンセリング)の優秀な製品ですので、イヤーピースが耳にフィットさえすれば、8点くらいのレベルには達している印象です。

 

Jabra Elite 75tの外観と装着感をチェック

次にElite 75tの外観と装着感をチェックしていきましょう。

Jabra Elite 75tの本体と充電ケース

本体と充電ケースの外観を見ていきましょう。

Jabra Elite 75t 充電ケースと本体

充電ケースは幅6.3cm×高さ3.8cm×奥行き2.7cmなので、ポケットに入れても全く邪魔にならないレベルの大きさです。

充電ケースが小さいので、トータルの使用時間がANCオンだと24時間と少々短めですが、携帯性を考えれば十分許せる範囲でしょう。

Jabra Elite 75t カラーバリエーション

カラーバリエーションは3色で、女性向けにゴールドベージュが用意されているところは高評価です。

Jabra Elite 75tの装着感

Jabraは独自の先進アルゴリズムシミュレーターを使用して、Elite 75t本体の理想のサイズと形状を設計したとしています。

最新のElite 85tではイヤーピースの形状が楕円形に進化していますが、Elite 75tでは円形の形状が取られていますので、付属品がしっくりこなければサードパーティ品を試すことも可能です。

充電ケースも含め全体的にコンパクトな製品なので、女性が装着してもすっきりと見える印象です。

Jabra Elite 75t 装着感

本体の形状も先端部にかけて少し薄い形状になっていますので、横から見ても耳の外側にボテッと出ているような野暮ったい感じがしないのもグッドです。

Jabra Elite 75tの機能と操作性をチェック

最後はJabra Elite 75tの機能や操作性についてみていきましょう。

Jabra Elite 75tの操作性

Elite 75tはJabraの他の製品同様、左右本体のボタン(Jabraって書いてあるところがボタンになってます)を押し込んで操作します。

Jabra Elite 75t 操作方法出典:Jabra Elite 75t データシート

上の図は初期状態の各ボタンに割り当てられている操作方法で、ボタンを押す回数や長さによって色々なことができますので、慣れてくると直感的な操作が可能です。

また、このあと説明しますがアプリでボタンの操作方法をカスタマイズすることも出来るようになっています。

Jabra 専用アプリについて

Elite 75tに対応するアプリとして、Jabra Sound+がリリースされています。

このアプリはJabra Elite 75tだけではなくほかのJabra製品全般に対応したもので、イヤホン本体の基本設定に始まり、音質の変更やボタンを使った操作方法の変更、本体紛失時の位置確認などもできるようになっています。

また、Elite 75tはこのアプリを使ってアクティブ・ノイズキャンセリングの設定を行います。

Jabra Sound+でどんなことができるのかと、ポイントを簡単に一覧表にまとめてみましたので参考にしてみてください。

アプリメニュー できること
充電状態の確認 本体と充電ケースの充電状態が表示される
イヤホン本体の設定 ・イヤホンを耳から外した時の音楽再生一時停止機能のon/off
・本体ボタンに割り当てられた各種操作の変更
・音声ガイダンスの言語変更(日本語の他、独・英・仏・中・韓から選択可能)
音質の調整 ・6種類のプリセットから選択可能
・イコライザーでの手動設定可能(ベース・ミッドレンジ・トレブルの3つのレンジで5段階調整)
モーメント設定 あらかじめ用意されている3つのひな型(マイメーメント・通勤・フォーカス)への自分好みの設定割当て
ノイズキャンセリング ・アプリから機能を取込み
・5段階で調整可能
外音取り込み 5段階で調整可能
サウンドスケープ 周囲の音をかき消すための環境音(ピンクノイズ・ホワイトノイズ・換気扇・滝・ダイビング)が用意されている
Find my Jabra スマホと本体の接続が切れてしまった時間と場所の情報を保存
ファームウェアの更新通知 ファームウェアのアップデート

Jabra Elite 75tのおすすめ機能

Jabra Elite 75tに搭載されている特徴的なおすすめ機能を紹介しましょう。

Elite 75tのマルチポイント機能

Jabra Elite 75tはマルチポイントに対応していて、事前にペアリングをしておけばiPhoneとAndroid、つまりOSが違う端末にも同時に接続しておくことができるのです。

会社ではiPhoneを支給されているけど、自分のスマホはAndroidなんていう方もいらっしゃると思うのですが、そんな方には本当に便利な機能です。

たとえば、AndroidでBGMを流しながら仕事をしていて、iPhoneに電話が入ったらBGMを停止して電話に出れば自動的に端末を切り替えてくれるんです。

デバイスの切り替えは接続されている側の音楽やアプリの停止ボタンを押して、別のデバイスのアプリ開始ボタンや通話ボタンを押さないと実行されない仕様になっています。

スマホの画面を開いただけで別のデバイスに接続が切り替わってしまって、あたふたすることもありませんので、使い勝手が良い仕様になっているといえるでしょう。

通話体験はJabraならではの機能

Jabra Sound+には、音楽の音質だけでなく自分の声の大きさを確かめたり、通話相手の音質までを変更する機能が搭載されています。

たとえば、Jabra Sound+の画面右上歯車 ⇒ ヘッドセット設定 ⇒ 通話体験と進むと「側音」というメニューがあります。

この機能をONにすると、自分の声がどのくらいの大きさで通話相手に聞こえているのかを自分自身で確認することができます

また、「通話品質」というメニューでは、通話相手の声の音質までも変更することができます

相手の音声を高音・低音寄りに変更することが可能で、web会議や通話を頻繁に行う方にはおもしろい機能ではないかと思います。

 

まとめ

Jabra Elite 75tは、1万円台前半で購入できる完全ワイヤレスイヤホンとしては、非常にユーザー満足度の高い製品となっています。

もともと2万円オーバーの製品ですが、発売当初はアクティブ・ノイズキャンセリング機能が搭載されておらず、日本ではあまりなじみのないメーカーでもあることから、知る人ぞ知るといった製品でした。

しかし、アプリ経由でアクティブ・ノイズキャンセリングが機能追加され、後継機のElite 85tがリリースされて1万円近く価格が下がってきたこともあり、一気に注目度が上がっています。

ヘッドセットメーカーであるJabraの完全ワイヤレスイヤホンは、通話品質が高いことが最大の特徴ですが、新製品をリリースするたびに音質も向上しています。

Elite 75tも、厚みのある低音と伸びやかで透明感がある中高音がマイルドにとけあった、聴き疲れすることのない落ち着いた印象の音質に仕上がっていて、個人的には完成度はかなり高いと評価しています。

なにより、これだけ通話品質が高い完全ワイヤレスイヤホンはJabraならでは。

web会議など仕事にもしっかり使えて、自分の時間には音楽や動画をもっと良い音質で楽しみたいと考えている方にとっては、おすすめしたくなる製品です。

ちなみにElite 75tの防水性能を高めたElite Active 75tとの比較記事もアップしましたので、そちらもご参考まで。

Jabra Elite Active 75tとElite 75tの比較
Jabra Elite Active 75t より Elite 75t をおススメする理由通話品質の高さと音質の良さで人気のJabraの完全ワイヤレスイヤホン。Elite Active 75tとElite 75tに値ごろ感が出てきたが、選ぶなら断然Elite 75tです。両者の仕様と価格差を考えればElite 75tを選ぶべきなのは明白で、今回はその理由を詳しく解説します。...