イヤホン、ヘッドセット

Jabra Elite 85tレビュー

Jabra Elite 85t スペックweb会議に適したイヤホンマイク

Jabra Elite 85tはヘッドセットメーカーのJabraから、2020年10月に発売された完全ワイヤレスイヤホンマイクです。

Jabraのワイヤレスイヤホンマイクは、ヘッドセットメーカーらしいクリアな通話品質が特長で、本機は新たに6マイクを搭載して性能がアップ。

さらにJabra初のANC(=アクティブ・ノイズキャンセリング)を搭載し、音質も十分満足のいくレベルになっています。

本体の再生時間は若干短いものの、充電ケースにロングバッテリーを搭載しており、普段使いとしては死角なしの1台です。

Elite 85tの通話品質と音質をチェック

まずは最も気になる通話品質と音質をチェックしましょう。

Elite 85tのマイク性能

Jabraのイヤホンマイクはもともと通話品質に定評がありますが、Elite 85tは左右3個の合計6マイクになったことでさらにその性能が上がった印象です。

Jabraの主力商品は業務用ヘッドセットで、そこで培われた高い通話品質を実現するためのデジタルチップセットとその処理技術が、オーディオメーカーとは違うのでしょう。

2万円オーバーの他メーカーの製品と通話性能を比較しましたが、Elite85のマイク性能は頭一つ抜け出ている印象でした。

完全ワイヤレスイヤホンのマイク性能をチェックするときは、「どれだけマイクの近くで話しているように聞こえるか」と「どれだけ周囲の雑音をカットしてくれるか」がポイントとなります。

そもそも口元にマイクがこない形状なので、マイクから離れたところで話しているように相手にきこえてしまう特徴があり、製品ごとにその程度に差があります。

また、自分の声をメインに拾ってくれればいいのですが、周囲の雑音をメインに拾っているんじゃないか?と思えるような製品もあるのです。

では、Jabra Elite 85tがどうかというと、この製品のマイクは2つのポイントが高い次元で実現されている製品でした。

自分の声は、マイクが口元にあると表現して差し支えない音質で相手に聴こえますし、人の話し声や甲高い音は拾いやすいものの、オフィスノイズなど周囲の雑音はかなりカットされます

以下のマイクテストは、平日の18時にショッピングモールでJabra Elite 85tのマイクテストを行った時のものです。

  1. Jabra Elite85t マイクテスト


そこそこ人もいましたし、他のワイヤレスイヤホンならもっとノイズを拾うはずですが、ノイズはかなりカットされています。

Jabra Elite 85tは、通話品質にこだわりたい方には、まさに一押しの製品だと思います。

ちなみにこの製品の登場でだいぶ価格が下がったJabra Elite 75tも、通話品質の良さは引けを取りませんのでそちらのマイクテストも確認してみてください。

Jabra Elite 75t レビューJabra Elite 75tは2019年11月に2万4千円程度で発売された製品ですが、後継機のElite 85tがリリースされ価格が下がってきています。加えて2020年10月にアプリのアップデートでアクティブ・ノイズキャンセリング機能が追加されるという離れわざを実施して、一気に評価が上がったお買い得の製品です。...

Elite85tの音質とノイズキャンセリング性能

Jabra Elite 85tの音質とノイズキャンセリング機能について個別に解説します。

Elite 85tの音質

Jabra Elite 85tの音質は低音域に厚みがあって、とがった感じの無いマイルドな聞き心地で、聞いていて疲れることない音づくりができていると思います。

ある意味、ゼンハイザーのMOMENTUM True Wireless 2に似た感じの音質なのですが、中音~高音域の艶っぽさや解像度はTrue Wireless 2ほど完成されていない印象でしょうか。

Jabra Elite 85tは、完全ワイヤレスイヤホンとしては大径の12mmドライバーを搭載していますが、もしかしたらこの大きさが高音域の解像度を邪魔しているのかもしれません。

一般的に大口径ドライバーユニットは中心部から出た音と周辺部から出た音、特に高音域が干渉して乱れてしまうといった特性があります。

これをどう緩和するかがメーカーの技術力の差になってくるのですが、もうあと一息といったとこでしょう。

ただし、だからといって聞いていて物足りない音だというわけではなく、この価格帯の完全ワイヤレスイヤホンとしては十分なレベルに仕上がっていると思います。

音場(=音が鳴っている範囲)も、奥行きはそれほどではないものの上下左右への広がりは十分い出ていますしね。

「とにかく音の解像度が大事」とか「高音域が命だぜ」って方でなければ十分満足できる完成度の高い1台だといえるでしょう。

Elite 85tノイズキャンセリング

Jabra Elite 85tのノイズキャンセリングはフィードフォワード方式とフィードバック方式という2つの機能を搭載しています。

【フィードフォワード方式とは】
ヘッドホンの外側にマイクを配置して外部からのノイズを集音し、そのノイズと逆位相の音波を電気的につくりだして同時に流す技術

【フィードバック方式とは】
ヘッドホンの内側にマイクを配置して本来の再生音と外部からのノイズ両方を集音し、その逆位相をぶつけていったんすべての音を消し去る技術

ヘッドセットのノイズキャンセリング機能とは?ヘッドセットには2種類のノイズキャンセリング機能があります。1つは自分に聞こえる雑音、もう1つは相手の耳に聞こえる雑音を取り除くノイズキャンセリングです。この2種類のノイキャンを理解しないと、せっかくヘッドセットを購入しても期待外れになってしまいます。...

Jabra Elite 85tのノイキャン性能がいかほどかというと、優秀といわれるAirPods ProやBOSE QuietComfort Earbudsを10点満点とするなら7点くらいかなという印象です。

7点の構成要素があるわけではなく、あくまで他の製品と比較しての個人的な相対評価ですので、人によって感じ方に違いはあると思います。

また、Jabra Sound+アプリでノイズキャンセリングを5段階に調整可能ですが、レベル1と5では違いが感じられるものの、1段階ずつの細かな違いは僕には感じられませんでした。

このあと詳しく解説しますがこの機種はイヤーピースの形状が特殊で、僕の場合は右耳のフィット感がどうもいまいちなんですよね。

ノイズキャンセリング性能は密閉度にも影響されるので、あまり優秀な評価ではなかった原因はそのせいにあるかもしれません。

ただ、街中の雑踏やカフェなどで使うのであれば、全く気にならない程度に遮断できるレベルのノイキャン性能ではあると評価できます。

Jabra Elite85t チタニウムブラック

Elite 85tの外観と装着感をチェック

次にElite 85tの外観と装着感をチェックしていきましょう。

Elite 85tの本体と充電ケース

本体と充電ケースの外観を見ていきましょう。

Jabra Elite 85t 本体と充電ケース

ドライバーユニットが若干大きめなのと、機械的なデザインは好みが分かれるところかもしれません。

充電ケースはシンプルなデザインで、女性の手のひらにもすっぽり収まる小さめのサイズですから、サッとポケットに入れて外出ができます。

特筆すべきはこの大きさでノイキャンONで25時間使用可能ですから、充電ケースのバッテリー性能は相当優秀だと評価できますね。

カラーバリエーションは5色用意されているところは選択肢が多くて好感が持てますが、チタニウムブラックとグレイが同じに見えるのは僕だけでしょうか?

Jabra Elite 85t カラーバリエーション
※欠品によりブラックの画像のみ未掲載

Elite 85tの装着感

Elite 85tは何千人もの耳の形状をスキャンして、その結果をアルゴリズムによる「シミュレーション解析した結果生まれた形状ゆえに、イヤーピースは楕円形をしています。

丸いイヤーピースの装着に違和感を感じている方は、もしかしたらぴったりフィットするかもしれませんが、僕の場合、右耳だけがどうにもフィットしにくいという状況です。

別のイヤーピースをあれこれ試しています。

装着した感じは以下の通りで、小柄な女性には若干大きく感じられるかな?といった印象ですね。

Jabra Elite 85t 装着感

Elite 85tの機能と操作性をチェック

最後にJabra Elite 85tの機能や操作性についてみていきましょう。

Elite 85tの操作性

Jabra Elite 85tは左右本体のボタン(Jabraって書いてあるところがボタンになってます)を押し込んで操作します。

Jabra Elite 85t 本体操作方法出典:Jabra DATA Sheet

基本設定はボタンを押す回数と長押しによって、楽曲の再生・ボリュームコントロールやノイズキャンセリングのON・OFFを使い分けるようになっています。

動作
音楽 1回押し 音楽再生/停止 ANC ⇒ 外音取込み ⇒ OFF
2回押し 音声アシスタント起動 次の曲にスキップ
3回押し 前の曲に戻る
長押し 音量UP 音量DOWN
通話 1回押し 受話/マイクミュート 受話/マイクミュート
2回押し 着信拒否/通話終了 着信拒否/通話終了
長押し 音量DOWN 音量UP

Jabra専用アプリについて

Elite 85tに対応するアプリとして、Jabra Sound+がリリースされています。

このアプリはJabra Elite 85tだけではなくほかのJabra製品全般に対応したもので、イヤホン本体の基本設定に始まり、音質やノイズキャンセリングの調整、本体紛失時の位置確認などもできるようになっています。

Jabra Sound+でどんなことができるのかと、ポイントを簡単に一覧表にまとめてみましたので参考にしてみてください。

アプリメニュー できること
充電状態の確認 本体と充電ケースの充電状態が表示される
イヤホン本体の設定 ・イヤホンを耳から外した時の音楽再生一時停止機能のon/off
・本体ボタンに割り当てられた各種操作の変更
・音声ガイダンスの言語変更(日本語の他、独・英・仏・中・韓から選択可能)
音質の調整 ・6種類のプリセットから選択可能
・イコライザーでの手動設定可能(ベース・ミッドレンジ・トレブルの3つのレンジで5段階調整)
モーメント設定 あらかじめ用意されている3つのひな型(マイメーメント・通勤・フォーカス)への自分好みの設定割当て
ノイズキャンセリング 5段階で調整可能
外音取り込み 5段階で調整可能
サウンドスケープ 周囲の音をかき消すための環境音(ピンクノイズ・ホワイトノイズ・換気扇・滝・ダイビング)が用意されている
Find my Jabra スマホと本体の接続が切れてしまった時間と場所の情報を保存
ファームウェアの更新通知 ファームウェアのアップデート

Elite 85tのおすすめ機能

Jabra Elite 85tに搭載されている特徴的なおすすめ機能を紹介しましょう。

マルチポイント機能が優秀

Jabra Elite 85tはiOS・Androidにかかわらず、音楽や動画などを再生しているデバイスに自動接続してくれるマルチポイント機能を搭載しています。

もちろん、接続したい端末へのBleutoothでのペアリングは事前に行っている必要がありますが、それさえしておけばデバイスの切り替えが非常に楽です。

会社ではiPhoneを支給されているけど、自分のスマホはAndroidなんていう方には特におすすめですね。

しかも、Elite 85tのデバイスの切り替えは、接続されているデバイスの音楽や動画の停止ボタンを押して、別のデバイスの音楽や動画の再生ボタンを押さないと実行されない仕様になっています。

これならスマホの画面を開いただけで別のデバイスに接続が切り替わってしまうというトラブルもありませんから、ユーザーとしては使い勝手が良い仕様になっているといえるでしょう。

通話体験はJabraならではの機能

Jabra Sound+には、音楽の音質だけでなく自分の声の音質を確かめたり、通話相手の声の音質までを変更する機能が搭載されています。

Jabra Sound+の画面右上歯車 ⇒ ヘッドセット設定 ⇒ 通話体験と進むと「側音」というメニューがあります。

この機能をONにすると、通話相手と自分がどのくらいの大きさの声で話しているかを自分自身で確認することができます

普段声が大きかったり小さかったりと言われることがある方は、この機能で自分の声が相手にどう聴こえているかをこまめにチェックしてみると意外な気付きがあるかもしれません。

また、「通話品質」というメニューでは、通話相手の声の音質を変更することができます

標準以外に高音・低音のいずれかを強調する選択が可能で、これはJabra特有のものではないかと思います。

まぁ、どんな時に使うのかは微妙ですが、声質の高い上司に叱られている時は低音を強調、声が低くて聞き取りづらい相手の場合は高音を強調するなど、慣れてくると意外と重宝する機能かもしれませんね。

ワイヤレス充電に対応

Jabra Elite85t ワイヤレス充電Jabra Elite 85tはワイヤレス充電に対応していて、全てのQi規格の充電器が使用できます。

ワイヤレス充電器を使用した場合のフル充電時間は3.5時間となっていますので、USB充電とあまり変わらない時間で充電が可能です。

 

Jabra Elite85t グレイ

まとめ

Jabra Elite 85tは、完全ワイヤレスイヤホンが不得意とする通話品質において、おそらく最も優秀な製品だといえるでしょう。

Jabraはヘッドセットメーカーであり、通話品質では一般的なオーディオメーカーに比べて高い技術力を有しています。

Elite 85tはJabra初の6マイクを搭載した製品で、これまでの同社製品と比較してもその通話品質は文句なく最高レベルに仕上がっています。

他社の製品では、どうしてもマイクと距離がある状態で話しているような通話品質になるものが多い中で、Jabra Elite 85tは口元のマイクに向かって話しているような音声の伝わり方を実現しています。

また、周囲のノイズもかなりカットされていて、使ってみると自分の声だけを集音するように設計・チューニングが施されていることを実感できるはずです。

音楽再生の音質に関しては、高い評価を受けているEAH-AZ70WやMomentum True Wireless 2には表現力で一歩及ばないものの、外出時に音楽や動画を楽しみたいというニーズには十分こたえてくれるレベルです。

web会議中心使いで、通勤・通学時にも使える完全ワイヤレスイヤホンを探している方には、是非とも検討して頂きたい1台だと自信をもっておすすめします。